暁の水平線-あか空

暁の水平線に-あか空

アニメ、マンガ、小説、ゲームを中心に書く雑記ブログです。

戦慄‼ 寝室にムカデが現れた!ムカデの体験談を語る

f:id:Hachan:20180820013933p:plain

どうも、須田ジーノです。

 

最近、視界の中に小さいモノが動くのに気づくとビクッてします。

軽いトラウマ状態になっています。

 

そのトラウマっていうのがムカデです。

あの黒くて細長い体をくねらせながら素早くササっと動き回るあいつです。

足がいっぱいついててカサカサって硬いカギ爪で床やらふすまにカーテンを縦横無尽にはい回ってるアレです。

 

去年あたりから寝室にムカデの侵入を許してしまっていて、去年は一回、今年は今月で2回遭遇している。

去年の出会い方もなかなかなものでした。

 

ここからただただムカデとの出会いを書くだけなんで虫無理な人は他の記事を読んでください。

 

 

過去を振り返るとムカデによる被害は多い

これを書きながら過去を振り返ると、姿こそ見ていないけど、あれってムカデの仕業だった? というエピソードも多いです。

目撃した時のエピソードもありますが、大体が寝室で出くわすので順番に書いてみます。

顔が熱くて目が覚めた夜中。鏡で顔を見たら。。。

これはいつの体験だったか、、、多分、10代後半か二十歳くらいの出来事。

いつも通り寝ていたら顔が急に熱くなって目を覚ましてしまった。

寝ぼけたまま顔を触ると所々腫れていて熱を帯びている。

気になって手鏡で顔を見てみると顔を腫らした自分がいた。

 

っていう体験がありました。

まぶたや頬が腫れていて、もしかするとムカデだったかもしれないし、クモとか別の生き物が顔を這っていたのかもしれない。まぁ何にしても顔の上をムカデもしくはクモが這っている姿はホラーです。起きているときにそんなことをされたら発狂していたはず。かといって、わめけば口に入っていたかもしれないことを考えると寝ていてよかったかもしれない。

手首に謎の噛み痕

とても小さい点のような穴が2つ手首についていたことがあった。

穴と穴の間隔は1センチくらい。

痛くないし痒くもない。

 

ただ、

 

その代わりに人が強く握ってできたような手形が僕の左手首にはついていた。

アレは何だったんだろう?

指の形までくっきりとした痣が朝起きたらついていた。

 

といっても普通に考えて、噛まれた僕が腕を右手で強く掴んでいたんだと思う。

寝ぼけたまま無意識に応急処置的に噛み跡を抑えていたのかもしれないけど、ほぼ一日中手の跡が左手首からは消えず、軽いホラー状態で過ごしたあの日は人からも好奇な視線を感じた。

かきむしるような音が部屋の中から聞こえた真夜中

これは去年の話。

夜更かしして部屋の電気を全部消して寝ることにした日。

しばらくして自分から見て右側から何かかきむしるような音が突然、聞こえてきた。

音は枕元からやや高いところから。それも、自分の近くから聞こえた。

 

僕はおそるおそるスマホのライトで音源のあたりを照らしてみた。

僕がそこでみたのは、やはりムカデだった。

2枚のふすまが重なる部分に10センチを超える大物が挟まっていた。

締め切った和室へとふすまの隙間から侵入しようとしている音だった。

バリバリ聞こえたのがムカデのカギ爪がふすまの紙をひっかける音だったらしく、体半分以上がすでに寝室側に入っていて体をうねらせながらもがいていた。

ハッキリ言ってキモイ。このムカデは今年見たムカデよりも横幅があるタイプで体が長いうえにデカかった。ビビりつつペットボトルで叩いて倒した。

足の指先に乗ってた

これが今年一回目のムカデとの遭遇。

夜中の1時くらいにスマホいじってたら足の指先をムカデが登っていた。

深夜に部屋に一人だけなのに変な声が出て騒ぎながら倒した。

 

これが冒頭で書いたトラウマになった原因エピソードです。

ふと視線を足元に移すとなんか10センチ級のムカデ足にいた。

 

触られた感覚がなくて、視界の端に動く黒いものを感じたから足元を見ただけの話しで、まさかムカデだなんて思ってもみなかった。殺虫剤が部屋にないし、このまま逃げられたら絶対寝れなくなると思い手元にあったペットボトルで倒しました。

ティッシュペーパーを3、4枚重ねて使い捨てのゴム手袋をして倒したムカデを包んでゴミ箱へ捨て、そのごみ箱を廊下に出しておいた。

PUBGやってたら、よこを通り過ぎて行った

これが一番直近の出来事。

ボイチャで座ってPUBGしてたらギリギリ手が届きそうな距離で7,8センチのムカデが歩いていた。こっちは驚いて立ち上がって凍結ジェットスプレーを探しているうちに姿を見失ってしまった。しばらく怯えながら床に散乱しているマンガやらブログのネタだしの紙やらをめくりながら捜索したけど見つけることができなかった。

 

僕はそのまま諦めて部屋を変えずに寝てしまったけど、噛まれたりしないで朝を迎えた。また寝室であったりしないか今でも怖い。

 

 

実は僕らの役に立っているらしいムカデ

ここまでムカデなんて嫌いだと書いてきましたが、ムカデだって僕ら人間にとって良いこともしてくれる。。。らしいです。

 

ムカデは肉食性で家にいるゴキブリを食べてくれるそうです。

 

ムカデとゴキブリ、どっちがマシなんでしょうね。

ぶっちゃけどっちも大嫌いなのでいないのが一番なんですが、ムカデのエサがゴキブリっていう関係図が成り立っているならムカデはいてもいいです。ゴキブリが全滅すればムカデも次の新天地を目指して移動するので。

とはいえ、ムカデは毒をもっています。仮に家にいるとしても寝室は辞めてほしいです。安眠妨害でしかない。

 

ムカデ対策として今は蚊帳の中で寝ています。

これについても別記事で使用している感想とか書いていこうと思います。

とりあえず、蚊帳があれば安心して寝られます。

ムカデ、ゴキブリ、クモ、そして蚊から隔離された空間での安眠を手にします。

まとめ

ムカデ嫌い。以上。

 

虫たちの恐怖に怯えないで寝るために対策グッズを蚊帳や殺虫剤を買ったりしているこの頃。感想としては蚊帳が一番、寝室における安心を勝ち取っています。次がムカデが嫌う匂いを散布できるスプレー。3番手に凍結ジェットスプレーです。まだ未使用で屋外用の忌避剤(きひざい)です。こっちは後日書きます。

 

ムカデが寝室に出たら別の部屋で寝るとか、業者を呼んで施工してもらう。などがより効果的かもしれません。ただ部屋の数的に不可能な人もいるだろうし、業者はお金が掛かりすぎる。となると蚊帳がコスパ的に優秀っていうのが僕の感想です。

もちろん、蚊帳の外についてはムカデと会うかもしれませんけどね。

蚊帳の外だけにっ!