暁の水平線-あか空

暁の水平線に-あか空

アニメ、マンガ、小説、ゲームを中心に書く雑記ブログです。

【平成最後の13日の金曜日】13日の金曜日は何回あった?

f:id:Hachan:20180712215525p:plain

どうも、須田ジーノです。

 

今日は何の日でしょうか?

そう! 今日はなんと平成最後の13日の金曜日です!

 

……平成最後の○○ってフレーズ、流行ってるよね。

 

13日の金曜日と言えば、英語圏の国では不吉な日とされ、1980年にはアメリカでスプラッタ映画として「13日の金曜日」という作品が発表された。この作品はシリーズ化し、現在10作品が出ている。個人的には、「エルム街の悪夢」とクロスオーバー作品「フレディvsジェイソン」が好きです。

 

ジェイソン繋がりで、平成最後の13日の金曜日に何か書いてみよう! ということで思いついた本企画。

 

平成に13日の金曜日は果たして何回あったのか? という記事タイトルそのままですが、試しに数えてみた。

 

平成元年はいつ? 平成最後の日は?

f:id:Hachan:20180712160842p:plain

まず、いつからいつまでが平成なのかをここで書いておきます。

平成元年は、1989年1月8日。

平成最後の日は、2019年4月30日が予定になっています。

 

予定通り平成という1つの時代が終わるのであれば、平成は通算年日数は30年113日とされます。日数で表すと、11,070日間です。

日数で表すと結構な数字ですね。今回、この期間を対象に13日の金曜日を数えました。

数え方

f:id:Hachan:20180712160900p:plain

ここはシンプルにカレンダーを見て数えました。

Windowsユーザーは分かると思いますが、画面右下にカレンダーがありますよね?

それを利用して1989年までさかのぼり、順番に金曜日に13日がないかチェックします。

もしあればメモをしていく。そんな地味な手作業です。確認漏れはないと思いますが、もしあったら教えてください。記事の修正をします。

結果発表

これ以上、焦らすのもアレなので発表します。ドンっ!

 

30回

 

平成に13日の金曜日は30回やってきました。

実に13日の金曜日だけで1か月あったわけです。意外と多いですね。

ちょうど平成も30年と少しで終わり、30という数字の繋がりに何か意味を考えてしまいます。

 

おもしろい結果だと思います。

 

次に年毎に何月に13日の金曜日があって、その年は何回あったのかをお見せします。

西暦 該当する月 合計
1989 1 10   2
1990 4 7   2
1991 9 12   2
1992 3 11   2
1993 8     1
1994 5     1
1995 1 10   2
1996 9 12   2
1997 6     1
1998 2 3 11 3
1999 8     1
2000 10     1
2001 4 7   2
2002 9 12   2
2003 6     1
2004 2 8   2
2005 5     1
2006 1 10   2
2007 4 7   2
2008 6     1
2009 2 3 11 3
2010 8     1
2011 5     1
2012 1 4 7 3
2013 9 12   2
2014 6     1
2015 2 3 11 3
2016 5     1
2017 1 10   2
2018 4 7   2

少なくても、1年に1回。多い年で1年に3回、13日の金曜日はやってくることが分かります。

 

ちなみに、

1回の年 2回の年 3回の年
13 13 4

このように、1回と2回の年が13年あり、3回あった年は4年ありました。

どうですか? もしかして、自分の生まれた日が13日の金曜日だったなんて……という方もいるかもしれませんね。むしろ、もしそうなら自分の生年月日を簡単に曜日まで覚えられると前向きに考えてみてください。

平成が終わり、最初の13日の金曜日っていつ?

平成の13日の金曜日はこれで、本日で終わります。

なら次に気になるのは、最初の13日の金曜日っていつ? ではないですか?

これもついでに調べてみました。

 

次の13日の金曜日は、

 

2019年9月

 

です。

1年以上先になります。

まとめと余談

以上で、【平成最後の13日の金曜日】13日の金曜日は何回あった? は終わりです。

ここまで読んでくれた皆さん、ありがとうございました。

もう少しだけ余談ではありますが書いてみたので最後まで楽しんで読んでください。

余談

* これは本当に余談なのですが、生まれてから10,000日目を計算するサイトがあります。平成が11,070日間だったので10,000日関連で書きます。

10000day.info

 

これで僕自身の10,000日目を計算した結果、僕は2019年1月11日の金曜日がそれに該当するらしいです。生年月日を入力するだけで分かるので良かったらチェックしてみてください。

 

更に、20,000日目と30,000日目も表示されます。82歳を超えると30,000日になるようです。つまり、27歳のそこのあなた! もう人生の3分の1は生きたことになります。

そして、54歳のあなた! 人生の3分の2を生き抜いたことになります。おめでとうございます。まだ残り時間は3分の1もあります。

 

13日の金曜日を数えるという割とくだらない企画から自分があともう少しで10,000日を生き抜くことになると分かり、なんとも言えない気分になりました。

ただ、まぁ無事に健康で平和に生きられてきたことには感謝します。

皆さんにとって平成って振り返るとどうですか?

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

それではっ!