暁の水平線-あか空

暁の水平線に-あか空

アニメ、マンガ、小説、ゲームを中心に書く雑記ブログです。

【PUBGモバイル】ドン勝を目指した立ち回りポイント!

f:id:Hachan:20180709230403p:image

どうも、須田ジーノです。

 

僕はPUBG_Mobileを1ヶ月以上も飽きずにほぼ毎日遊び続けてきた結果、自分に向いている戦闘スタイルが見えてきた。僕のドン勝(優勝)を目標とした立ち回りポイントをまとめてみたので、気になる人は最後まで読んでみてください。

 

分かりやすくするために、Q&A方式で書きました。

自分が苦手に思っている箇所があれば、そこから読んでみてください。

そして、そのあとはじっくり他の項目も読んでみてください!

では、ドン勝目指してごゆっくりどうぞ♪

 

Q. どこに降下すると敵が少ない場所へ行きやすいのか?

A.安全地帯から外れそうな場所へ降りる

まずは安全地帯の外側へ降りること。

僕が目安にするのは航空機から2000mから2500m離れている地点。

こうすると、降下時間が伸びて人より地上に着地するのが遅れます。その代わり、ライバルから離れた場所になり、降下地点が安全地帯の外になりやすいことが僕の経験上分かりました。

利点
  • ライバルに遭遇しにくくなる(戦闘の回避)
  • アイテム・武器・乗り物を独り占めしやすい
欠点
  • 安全地帯の縮小でダメージを受けやすい
  • 人より移動距離が伸びてしまう

1回目の毒ガスが発生する範囲の縮小速度は一番遅く、また、ダメージ量も少ない。万が一、乗り物がなくても走っても安全地帯に間に合える可能性が高い。

パラシュートで落下直後の武器の取り合いで負けて、即リタイアを防ぐことができる。

飛行機の進路によってオススメ度が変わりますが、穴場を紹介します。

〇がついている箇所はアイテムや武器が多い、または安全地帯の外になることが多い地帯です。

f:id:Hachan:20180709225008p:image

Q. 武器を拾ったら……どう立ち回る?

A. 隠れて撃つ

PUBGは派手に射ち合うゲームではありません。

最後の1人(最後のチーム)になるまで生き残るのが目的のゲームです。

つまり、敵の正面に立って暴れなくてもいい。静かに息を潜めて敵が減るのを待ってもよし。超・超・遠距離から狙撃して敵を減らしてもよし。生き残っていればいい。

 

偶然、敵に見つかった。

敵と鉢合わせをしたわけでないのであれば、敵の前に姿を晒さずに倒すのが理想です。”やりあう” のではなく、”一方的にやる!” が正解だと僕は考えます。

 

そのためには、武器選びと作戦(主にポジショニング)が必要です。ここから先はそういったことも書いていきます。

Q.どの武器がいいの?

A.アサルトライフル  +α の組み合わせが鉄板!

これが一番安定しています。

アサルトライフルは、近中遠に対応した万能な武器です。

武器の種類もアタッチメントも多く、アサルトライフルは敵もよく使うため、敵を倒した後に弾の補充がしやすいです。

 

僕が好きなのは5.56mm弾が使える、「M16A4」と「M416」、それから「SCAR-L」です。これに、サブとして何か他のアサルトライフル以外のものを持つ、こんな感じでいつも戦います。

 

僕がよくする組み合わせ

  • アサルトライフル + スナイパーライフル (kar) + ハンドガン
  • アサルトライフル + サブマシンガン(vector、ump9、uzi) + ハンドガン
  • アサルトライフル + VSS + ハンドガン

どちらかですね。

スナイパーライフルは、高倍率のスコープ(8スコ、4スコ)を複数手に入れた状態で落ちている武器を見つけた時にします。高倍率のスコープが1つなら、スナイパーライフルは諦めて、vectorかump9を持ちます。また、スコープがない! って場合は、VSSを見つけたら絶対拾います。VSSは最初から4倍スコープが固定で付けられています。スコープを取り換えることが不可という欠点もありますが、ないよりはましです。

 

また、僕の場合、8倍スコープとスナイパーライフルがあるならアサルトライフルよりもスナイパーライフルに優先してつけます。 

Q.ショットガンよりサブマシンガンを選ぶ。なぜサブマシンガンを選ぶのか?

A.扱いになれていないと撃ち負けるから

ショットガンは確かに強い。威力も高く、広範囲に弾がバラけるから当てやすい。

しかし、リロードが遅く、射程圏内がものすごく短い。

 

利点より欠点がデカいのでゲーム開始直後の護身用でしか僕は持ちません。

僕の実体験として、室内でばったり敵と遭遇して銃撃戦になったことがあります。

敵(ショットガン) VS vector だったと思います。もしかしたら、ump9だったかな?

 

この時、敵が先に1発目を撃ち、はずれました。

僕はリロードが必要になるまで敵目掛けてvectorを連射して勝ちました。

敵はリロードが間に合わず、そのまま反撃もできないまま倒れて僕はノーダメージという結果に。

 

こういう経験があるので僕はショットガンを使うことが減りました。近距離でヘッドショットが決める自信があれば使ってもいいですが、それでも堅実な勝ちは得られないかもしれません。こだわって終盤まで使うのであれば、もうそれはロマンです。ショットガンで勝ち残りたい、その戦い方にこだわりがある人だけです。

Q.隠れてるのに撃たれる!!

A.それ、隠れ方が間違ってるかも……!

岩や樹に身を隠したつもりになっていると、別方向から敵に見つかって攻撃されて負ける。よくありますね。これって確かに隠れていますが、一方向だけに有効な隠れ方です。

 

岩や樹、それから車のような遮蔽物(しゃへいぶつ)は、敵との間にある立ち位置関係なら身を守れますが、それ以外からは丸見えです。近くにいれば、マップ上には銃弾のマークが表示され、音もするので別の敵から居場所がバレます。

 

そうしないためにどうするか?

僕なら伏せた状態で隠れます。こうすると移動が遅くなったり、正面の敵からヘッドショットを決められるリスクがありますが自分の位置を把握していない敵からは見つかりにくくなります。

 

この伏せた状態というのは、序盤から終盤まで有効な姿勢です。これの使いどころを理解して使わないとトップ10まで残るのはランク上昇とともに難しくなっていくはずです。

Q.車から降りる時を狙われて負ける

A.下車前に座席移動する

車から降りる無防備な一瞬を狙われて反撃もできずに負けてしまう悔しいことがあります。これは、4人乗りで席が他に空いている前提での活用法になります。

 

例えば、あなたが一人で4人乗りの自動車を運転していたとしましょう。

そして、自動車の進行方向から見て右手側に建物があり、そこへ入りたいなら下車ボタンをタップする前に右側の座席ボタンを押します。それから下車すれば、左側からの攻撃に対して自動車を盾にして降りることができます。下車前に1つ操作を加えるだけで安全に自動車から降りることが可能になります。

Q.敵がいると知らずに家屋に近づいて撃たれる。

A.ドアが開いている。乗り物が近くにある家は危険

ドアが開けっぱなしの場合、少なくとも誰かが室内を漁ったことが確定します。

もういないかもしれないし、まだいるかもしれない。

正直分かりません。そのまま建物に入り、階段を上がったら狙い撃ちされた……こともあります。また、建物に入る前に窓から撃たれて負けたってことありません?

 

だから、建物に入る前に2倍以上のスコープを持っているならスコープを使って遠くから建物を観察しましょう。それで凡ミスで負けることは減ります。

Q.終盤。安全地帯が狭くなってから上手く身を隠せない。敵を倒せない。

A.ほふく前進で移動する。自分から無理に撃たなくていい

ほふく前進を活用することで最終決戦の場所が平原でも草むらのおかげで敵に見えずに移動できます。敵も大半がそうです。お互いが草に紛れて見えないままエリアがじりじりと縮小していきます。つまり、これは心理戦。

 

焦って先に動いた方が負けます。場合によっては複数の敵から撃たれて終わりです。

なので僕は、居場所がバレないまでは敵同士でつぶしあってもらいます。もちろん、僕もチャンスがあれば撃ちますが、そういう時はメイン武器にサプレッサーがついている場合です。でないと、他の敵から撃たれてしまうからです。銃声に気付いた狙われていないやつが発砲した僕を撃ち、それを聞いた別のやつがソイツを撃つ。で、それを聞いたまた別の奴が……という感じに減るので上手く潜伏して待っていると勝手に敵の数が減ります。これが理想です。

Q.潜伏でオススメの装備は?

A.SCAR-L&手榴弾&ギリースーツ

この3点。

まず、SCAR-Lは5.56mm弾を使うアサルトライフルです。

これはアタッチメントなしでも銃声が小さい武器でサプレッサーを付けるともうどこから撃たれているのか分かりません。そして通常武器として拾えるため、支援物資を取りに行くリスクがない!

 

手榴弾は、終盤までに2,3個は入手したい武器です。

手榴弾は自動で取得されず、手動で選ばないといけない武器なので取らないでその場を去る人が今でも多いです。そもそも、手榴弾をちゃんと持っていないプレイヤーが多いので敵から奪えないことも多いです。

で、なぜ必要なのかというと残り10人になったあたりから大活躍するからです。

残り10人くらいになると安全地帯は異常に狭く、見えないだけで超近距離に敵がいる場合があります。そういう時、手榴弾を適当に投げれば大体当たるので倒せます。仮に外しても慌てて立ち上がって走り出したら、そこを狙って撃つ。戦いの駆け引きです。

 

僕は残る敵が1人だけの時、正面に放った手榴弾が偶然あたりよく分からないままドン勝したことがあります。その時も、ほんと目の前に敵も自分同様に伏せて僕が立ち上がるのを待っていたようで先に手榴弾を投げていなければ訳も分からず負けていたはずです。手榴弾持っててよかった。

 

ギリースーツは支援物資だけで手に入るレアアイテムです。

武器ではなく身を草木に紛れさせることができる服です。

これを着た状態で草に混じると動くまで気づけないこともあるくらい隠蔽率は高い。

ただ、別になくてもいいです。草に紛れるためには服装の色を気にすればいいです。

水色とか赤みたいな草とは異なる色を着ていると目立つだけなので、終盤になったらどこかで服を脱いでおくのも手です。服自体は見た目の好みだけの話で、戦闘の邪魔になるならゲーム初期の下着姿で戦った方が草木に隠れやすいこともあります。

まとめ

  • アサルトライフルとサブマシンガン、アサルトライフルとスナイパーライフルの組み合わせで戦う
  • 潜伏して戦うなら、アサルトライフル「SACAR-L」がいい。手榴弾は絶対に拾うこと
  • 闇雲に撃たない。一方的に倒す状況を作る

これが僕の理想です。

理想通りにいかないのが対人対戦の難しさであって面白さです。

だから、このまま真似をしたから絶対に勝てます! とは言いませんが、少なくとも僕みたいな正々堂々とドンパチ撃つより潜伏して倒す! みたいなコソコソ派も多いです。コソコソ派の良いところは、戦闘回数を減らして生き残れること。戦う回数が少ない分、回復アイテムが必要になることが少ない、弾切れの心配も減る。欠点は、チキって(ビビりすぎて)何もできずに負けることがある。撃ち合いに慣れていない人は銃撃戦でテンパって負けやすいなどです。

 

欠点もありますが、自分から攻めるより生存率は上がるので僕は安定してトップ10に残りたい人は戦闘よりも上手く隠れて一方的に敵を撃つ戦い方を学んだほうがいいと考えます。

 

ではっ!