暁の水平線-あか空

暁の水平線に-あか空

アニメ、マンガ、小説、ゲームを中心に書く雑記ブログです。

【おすすめ&ネタバレ注意】ゲームアプリ「INSIDE」で遊んでみた。

どうも、須田ジーノです。

 

今回、僕が遊んでみて面白かったiOS版「INSIDE」というゲーム作品について紹介していこうと思います。

f:id:Hachan:20180223171113p:plain

この作品は、Playdeadというデンマークのゲーム会社が開発した、いわゆる「死にゲー」ってやつで一瞬の判断ミスで死にます。ありとあらゆる原因で主人公は死にます。

 

もう一つゲームの大きな特徴として挙げるなら、本作は最初から最後まで説明文もなければ、会話や操作の案内まで一切ゼロ! この謎だらけのゲームはプレイヤーの解釈に委ねられていて、おそらく、プレイヤーの数だけストーリーの解釈は生まれるのではないかと思います。

 

僕がここで書いた感想は僕自身が遊んだ中で感じた印象でしかなく、ゲーム会社からのストーリー解説がない以上、正解も不正解もないということです。こういう考えさせられるゲームは面白いです。

 

ここからは自分が気に入っている点や遊んでみた感想と考察を書いていきます。

気になったら、ダウンロードして遊んでみてください。

 

INSIDEにハマるわけ

僕は何で珍しくこの作品にハマったんだろうか。

どうやったら、この作品で遊びたい人が増えるか考えてみた。

 

僕の出した結論は、イメージを共有すること。

つまり、手っ取り早くゲームのイメージをつかんでもらうには動画を見るのが一番。

Playdead社が公開している動画をまずが見てください。

youtu.be

 

これはなぜか、ゲームの流れ的には前後を入れ替えて編集されているようですね。

皆さんは、この動画をみて何を感じましたか?

 

ホラー映画のような、サスペンス映画のような不安な気持ちを上手く引き出されてはいませんか? 僕は、この作品の緊張感が好きです。久しぶりに、こういう緊張感と向き合って遊べた気がします。

 

ゲームの主人公になれたような、そんな感じです。

じゃあ、なぜそう僕は感じたのか考えてみた。

説明もヒントもない。死なないためには自分で考え抜いて行動する

f:id:Hachan:20180223171327p:image

終始、説明は一切ありませんでした。

 

主人公の少年は何者に追われているのか?

→謎。研究所の関係者と思われる。

 

主人公のいる世界は一体、何なのか?

→人が人を管理して、実験する世界。

 

そもそも、なぜ命を狙われているのか?

→研究所から逃げ出したから?

→もしくは、実験体?

 

主人公の先々にいる、大人たちや謎の生物は?

 →大人は人体実験にかかわる組織の者

→子供の人魚らしき生き物は、おそらく元は普通の人間が改造された結果だと思う。

 

疑問はゲームを進めていくと更に増えていき、結局、解決しないまま終わりました。

上で書いたことも僕がゲームをしてそう予想しただけで、実際のところは不明ですから。不気味な設定だらけです。

命は不平等に扱われる

 f:id:Hachan:20180223005621p:image

道中、家畜のブタが死んでいることがよくあります。

雨が降っている中、打ち捨てられているブタの横を通り抜けるのは、冷たい雰囲気を感じます。

 

主人公もまた、冒頭で様々な理由で死ぬと書きました。

例えば、犬にかみ殺される。麻酔銃で撃たれる。溺れる。高所からの落下。敵に見つかって口をふさがれる。謎の衝撃波で体が吹き飛ぶ。……などなど。

 

死ぬとき、少しの間、プレイヤー達は画面上で主人公の少年が死んだ様を見せられてから画面が暗転します。犬に襲われれば、犬が吠える声がしばらく続き、麻酔銃を撃たれれば、少年の息が徐々に弱まって聞こえなくなる。そんなリアリティがあります。

仕掛けを解けないと進めない

f:id:Hachan:20180223173853p:image

天井に水が溜まり、その中に人が吊るされている部屋。

 

謎の科学技術も点在する研究所には、時々、こういった部屋があります。

吊るされている人は生きてます。

 

水中でも生きていられる改造をされているとことです。

ディストピアな世界

f:id:Hachan:20180223171400p:image

この世界は、管理されて自由に動けない人と、それらを商品として、実験体として管理する人に分かれています。

 f:id:Hachan:20180223171451p:image

 コンテナの陰に隠れて、運ばれる人を見ているシーン。

 

右側には主人公と同世代の黒い服を着た子どもが大人とその様子を見ています。

子どもは檻に入れられた人をどういう目で見ているのか気になります。

作品の疑問

そもそも、なぜ主人公の少年は追われていたのか?

そして、追ってくる組織的な集団はなんだったのか?

なぜ、少年はわざわざ敵の拠点へと進んで行くのか?

 

追われているのなら、敵から遠ざかるのが自然なのに、あえて敵の懐へと近づいているのにも疑問が残ります。

別に敵の研究所にいる人を助けるわけでもなく、危険を承知で研究所の中心部へ進むのには目的があるはず。

両者は、追うものと追われるもので目的が相反するからなのかもしれません。

主人公は、このディストピアな現実をぶっ壊したい。

敵は、反乱分子をつぶしておきたいから。

 

もう一つの考察として言うなら、少年は研究所の新しい実験体なのかもしれない。

次の実験段階でできたサンプルとして、研究所は存在しており、少年がどう判断して行動するかを検証する大掛かりな作戦。少年は自分で考えていると思っているかもしれないけど、実はそうプログラムされているだけかもしれない。だとしたら、最後まで少年は救われない世界観ですね。

f:id:Hachan:20180223171821p:image

エンディング間近の主人公。

異形の姿になっても、何かから逃げようとして動き続けます。

 最後に作品情報

開発会社:  playdead

840円(自分が購入した時の金額)

エンディングまでにかかった時間:約4時間

 

 

Playdead's INSIDE

Playdead's INSIDE

Playdead無料posted withアプリーチ

8か月で7キロの減量に成功した

f:id:Hachan:20171115155721p:plain

どうも、須田ジーノです。

 

8か月で7キロ減量することに成功しました!

いやー、正しい努力をすれば結果は必ずあとから付いてくるものだな~と最近思います。体も全体的に引き締まってきたし、腕と肩回りの筋肉も付いてきて逞しい体になったと思う。

 

実は、今年の2月くらいから密かに一人でダイエットに挑戦していました。

なんでダイエットに挑戦したのか、どうやって減量に成功したのか、などを書いていこうと思います。ダイエットしたい人やダイエットしてるけど諦めてしまいそうな人の参考になればと思い書いてみました。

 

 

過去最大に太って焦る

会社を辞めて長くなり、家に引きこもり気味な転職活動者(半ニート)の僕は習慣として週1,2回は体重測定をしていました。

 

日に日に増していく体重。

家族から向けられる痛い視線。

着れなくなったスーツ数着。

じりじりと目減りする全財産。

 

2月と年も改まったばかりの頃なのに、僕は金銭的にも精神的にもジーパンのウエスト周り的にも余裕がない日々が続いていた。

いろいろと状況的にマズいことだらけで一人で家にいると頭の中でぐるぐると焦りだけが募っていました。

こんなだらしのない体では就職面接でも印象が悪くなるかもしれないし、何より面接で着ていくスーツがない。買い直すとしても、できれば今以上にサイズアップしたスーツなんて買いたくなかった。

今の体形に合わせて服を買っていれば、いつまで経ってもブクブク太ってしまうかもしれない。何より、そんな金銭的な余裕がなかった。そんな思ってるだけでダイエットのための行動が何一つとして当時の僕は取れていなかった。

 

でも、きっかけというか覚悟を決めるときは突然現れた。

体重計が67kgを記録したからだ。

過去最大に高い数値が足元の体重計が針で指していました。これは家族で一番重いのが父から僕へと世代交代した瞬間でもあった。とうとう俺の時代が、デブの称号を欲しいままにする時代が来たかと。

確かに食後のお腹はいつもスイカみたいに膨らんでいるし、二重アゴも気になっていた。50kg台前半の学生時代が懐かしい。大学を卒業してから13~4kgは4年間で増えてしまっていたから。

僕は会社へ勤めだし、仕事のストレスや退職後のだらしのない生活が僕の体にブヨブヨした脂肪をつける原因になったという自覚はあった。

そして体力・筋力も落ちた上に失業者。更に丸まった重い体。何一つ良いところが自分でも見つけられない大人になってきたと反省するしかなかった。

 

まずは痩せよう。痩せる努力をしながら転職活動をしていこう。それくらいの努力は努力の範疇にも入らないと思った。健全な体を持ち、またもう一度自分の人生を全力で頑張ってていこう。

。。。というようなことを2月に抱いていた気がします。

f:id:Hachan:20171115173516p:image

この辺りで焦る

 

軽く今の状況ー周りからの評価が変わった

今年の夏頃には半袖のTシャツから見える二の腕がゴツくなってきて、友達からも「ラグビー選手かよ(笑)」みたいなお褒めの言葉も貰った。

(実際、そこまで大層な体ではないです。強いて言うなら、数年前まで部活やってて、ちょっと体にお肉がついてきたけどガタイは良い。みたいな感じです。)

こうやって書くとダイエットや筋トレに興味がある人は何かコツとかダイエットの秘策、筋トレ内容が知りたいかもしれないけど、残念ながらない。

f:id:Hachan:20171115173611p:image

具体的にダイエットのためにしてきたこと

ただ、減量した中で何が昔の自分と今の自分で違うのかを考えると確かに変わったことはある。

それは、意識的に行動を変えたこと。

どういうことかというと、痩せたいなら自分が痩せられない理由を見つけて日頃の行動を改めればいいだけの話。

例えば、

  • 食べすぎが原因なら食事の量をちょっと減らす(絶食とか極端なことはしない)。
  • 運動不足が原因なら週一からでもいいから、自分のレベルにあった筋トレを始める。
  • 食事内容に問題があるなら食事内容の改善を試みる。
  • 自分の体重を知らないなら、なるべくこまめに体重測定をして記録に残す。
  • ウエストが気になるなら、一定の期間ごとにメジャーで測っておいて記録する。あと、目標数値も決めて今との差を把握しておく。

こういうこと。

難しくないことから僕も始めた。

でもそれが大事なんだなと今になって思う。だって痩せたい願望があるのに、行動が変わってないなら変われるはずがないから。

今太っているのは、太るための習慣か体型の現状維持をするための習慣が知らず知らずのうちに身についてしまっているからです。

毎日、自分自身で太るための行動を選んでしまっているから痩せていないだけ。

ホントは、行動が変われば必然的に結果も変わってくるはずなんです。

取る行動が変わって、体に良い習慣へ変化した

日々の行いが変われば、必ず今までとは違う結果がどこかに現れるはずです。

僕のこの8か月の行動の変化を一部紹介します。

  • 転職活動だけで面談がないと一日中家から一歩も出ない→転職活動もするけど、バイトを始めて一日ずっと体を動かして働くようになった。
  • 筋トレは週に3回。ただし、家から一歩も出ない→転職活動とバイトがない日は、筋トレかジョギングをする日ができた。
  • 肉料理、油で揚げる系の料理が大好きで満腹になるまで食べる→脂っこい料理を食べる日と量が減った。
  • どんぶり飯でチャーハンを作って食べる→炭水化物だけで満腹になるような食事をしなくなった。
  • 基本、満腹になるか、食べすぎなくらい食べる→腹八分目を意識して食事をするようになる。
  • 体重が徐々に増えるのを笑ってた→体重がちょっと増えると食べ過ぎたのか動かな過ぎたのか自己反省会をするようになる。
  • 平日はほぼ家から出ない→週に何日か外出して活動的な日を作った。
  • 家族以外、だれとも話さない→バイト先で様々な年齢層の人と話すし、大きな声で仕事の報告や連絡をするようになる。
  • 1kmあたり平均8分以上かかったジョギングが平均6分30秒、調子がいいと6分を切るタイムまでになる。

他にも自分が気付いていないだけで変化があるかもしれない。

とりあえず、自分が変わったなと思うのはこんな感じです。

 

ね?全然、変わったことなんてしてませんよね?

僕の場合、間食が直っていなくてポテチを週に3、4回は食べています。

それもなくしたらもっと早くダイエットが成功するかもな~って思う時もありますが、とりあえず辞めないと思う。ポテチが僕のダイエットの息抜きというかご褒美になっている気もするから。ポテチに飽きたらそのうち辞めると思うし。

余談。というかバイトの話

僕のバイトは一日物流センターで荷物を運ぶ仕事がメインな仕事(一応、軽作業)。

軽作業と聞いて入ったはいいけど、日によって仕事内容はまちまち。

10kg未満な荷物ばっかで、「今日は楽な日~」って思う日もあるれば、「重っ!この荷物30kg超えてる!」って日も稀にあります。30kgは滅多にないです。過去2回だけ。

よくあるのが20kgくらいの荷物を運ぶ仕事。

パートさんから、「これ重いよ~」って言われるのが20kg前後の時が多い。

最近は20kgも別にって感じで、「ちょっと重いわ、これ」になりつつある。

 

ダイエットの成功にはバイトの影響が一番大きいのかもしれない。

僕は春からバイトを始めているけど、腰を痛めて動けない!なんてことは一度もない。ちょっと腰痛いかもって程度なら数回あるけどバイトはできるし翌日にまで響かない。

体は丈夫になってきたし社会復帰しても問題ない体にはなれたから残るは内定を取るだけです。

 

あと初めに言っていた服の話、今ではスーツはどれも着れるまでに戻りました。

太ってから買ったジーパンはゆるゆるで、握りこぶしが1つ以上入るくらいスリムになった。つまり今の僕は、やや標準体型にまで戻ってきている。あと5kgは体重を減らして55kgくらいになるのが今の目標です。

 

最後まで読んでくれた方、ありがとうございました。

19歳の時に海でおぼれて死にかけた話でも

f:id:Hachan:20170426000317j:plain

僕は死にそうになった経験が3回ありました。

で、今回話すのは3回目の体験です。

 

タイトル通りの内容なんですが、僕は父と弟の3人で水晶浜海水浴っていう福井県にある海がきれいな場所へ行きました。

 

当時、彼女もいなければ、大学もバイトも忙しくなかったので父の提案で海水浴へ。

その日、朝は曇り気味だったのですが、徐々に晴れてきて海辺は海水浴に来た客で海も砂場も人で溢れていました。周りは祭りでもあるかのように楽しそうな声と海の家から流れるBGMで賑わいだし、僕ら家族は各自で自由に行動することに。

 

僕は元々、単独行動が好きな人間で、一人で泳ぎに海へ入りました。

 

位置的には、父がブルーシートを広げた正面の延長線上あたりで立ち泳ぎの練習をしていました。振り向けば、一応は父が寝っ転がって海のほうを向いているのは、こちらからも見えていました。

 

ただ、僕は人生で初めて立ち泳ぎというものに挑戦していて、アゴが海面で触れている深さから練習を始めました。5~6m付近に年上の女性グループはいたので、完全に一人というわけでもありません。周りの楽しそうな声と、自分も足が海底に着かなくても泳げていることで珍しくテンションを上げていました。つま先立ちで、その場でぴょんぴょん跳ねて遊んだりもしていたのですが、それがまずかった。

 

数回跳ねているうちに波で体が沖のほうへ流されていたことに気付けませんでした。

 

結果、足先が着くと思って息を吸い込もうとしたときに、頭のてっぺんまで海に沈みました。当然、海水も勢いよく飲み込んで。

 

僕は普段眼鏡を掛けていて、その時も眼鏡を掛けたまま泳いでいました。

突然、顔を海の中に入れてしまい、メガネが役立たずになり、ゴーグルなしでは水中で目を開けれない僕は、息が整わない、目が開けれない状況に追い込れパニック状態になりました。

そもそも、自分がどれくらい水深が深い場所にいるかも分からないのに、周りは誰も異変になんて気付いてくれません。さっきまで、陽気な雰囲気に高揚とした気持ち海を楽しんでいた僕からすると、自分だけ取り残されてしまったような怖さを感じました。

自分はこんなにも水面を手で水しぶきを立ててもがいているのに、誰も気付いてくれないんです。海の家から聞こえる音楽はいつまでもテンションは高いし、犬掻きのような感じで砂浜の方をぼやけた視界で必死に目を凝らせば、父はビール片手に寝そべっている。

このまま、誰にも気付かれずに、親の目の前で海に沈み死んでいくと思いました。ただ、走馬燈らしきものが頭を過らなくて、死にそうになっても良い感じの思い出とかも思い出せなかったんですよね。う~ん、溺死ってツラっ!苦しすぎっ!って。

 

この間、まだ足が底に着いていなくて、自己流の犬かきで何とか息は続いていました。助けが来ないなら、自力で陸に帰ろう。頭に浮かぶのは、バラエティー番組で見たことがある、犬による犬かきの水泳方法です。頭だけ水面から出して、手足を必死に回せば、あれと同じことができる!あと、こち亀で離岸流に巻き込まれると流されるから、斜めに泳いで沖へ進む流れから逃げようまでは正常に判断できていました。死にかけると、僕は冷静な方面に考えがまとまるみたいです。

 

実際、いつの間にか沖のほうへ流されて溺れかかったので、浜辺に対して垂直に泳ぐには体力の無駄遣いになっていた恐れもありましたので、いい判断をしたと思っています。

 

そこからは、結果的に産卵のために上陸に成功した母亀のようにズルズルと陸へ上がって、父のいるブルーシートまで辿り着けました。海水も最初の一度以降は飲み込まなかったので、しばらく休憩してから遊びを再開しました。阿保ですね。死にかけたのに、体力が戻ったら、今度は浅瀬で遊んでました。父に死にかけたと話しても、あまり心配されなかったのも印象的でした。大げさと捉えれたようです。5月以降は例年、川や海、プールで亡くなる方も大勢いますから、水遊びする人が増える前に読んでもらおうと思って書きました。

 

人間、漫画やアニメみたいに走馬燈とかいう体験を皆するわけではないようです。というより、走馬燈らしいフラッシュバックがないなら、まだ生きれる可能性が高いってことを本能的に気づいてるんじゃないでしょうか?

僕は、溺れて犬掻きをマスターしました。海で近くに人がいても多分、助けてはくれないでしょう。素人が溺れている人を助けようとして、どちらも結果亡くなるなんて話は毎年ありますし。僕もそれは仕方ないと思いますから、当時近くにいた人たちのことを恨んだことはないです。そもそも、顔すら覚えていません。

 

即席で身に付けた犬掻き泳法で難を逃れたんですが、今は泳ぐことに対して恐怖心が少し残ってます。トラウマにならないレベルなんで、水深が1mちょいの市民プールなら泳げます。泳ぐと言っても25mも泳げないポンコツなんですけどね。

 

以上で、 19歳の時に海でおぼれて死にかけた話でも を終わります。

水難事故に逢わないためにも、カッコつけないで浮き輪とか使ったほうがいいですね。

ではっ!