暁の水平線-あか空

暁の水平線に-あか空

アニメ、マンガ、小説、ゲームを中心に書く雑記ブログです。

【NARUTO】なぜ口寄せの術の使用者は指先を噛み切って血を流すのか?

f:id:Hachan:20180905213548p:plain

どうも、須田ジーノです。

 

ジャンプの大御所作品「NARUTO」。

この作品は忍者が主役ということで、多種多様な忍術が登場しますよね。

その中でもカッコいい術の1つ『口寄せの術』について疑問があります。

それは、なぜか当たり前のように指を歯で噛み血を流すのか。絶対痛いですよね? 痛いはずだし、血がぼたぼた垂れている指を地面に押し当てて口寄せしている。彼らの衛生概念ってどうなっているのだろうか? この疑問について僕なりに意見を述べていくのでご意見のある方は、読了後にコメントをどうぞ。

 

口寄せの術について簡単な説明

口寄せの術とは、術者が血で契約した生物や武器を別の場所から呼び寄せることができる優れた術。主人公のナルトは蝦蟇(ガマ)カエルと契約して強敵と戦う時は力を借りています。

術の発動条件は契約者の血

f:id:Hachan:20180905212656p:plain

口寄せの術は血を代償に発動する術。

そのため、術の使用者は血を流していない場合、自傷行為をして血を流しています。

戦闘をより有利にするために使う術で自ら血を流す必要がある術とは一体なんなのでしょうか?ただし、今回はここには触れません。

口寄せの術を使うために使用した血はどうやって流したものか

  1. 指を歯でかみ切る(基本的な方法)
  2. 敵の攻撃を受けて負傷して口や腕などから出たもの(多々、見受けられる)
  3. 手首付近をクナイで切る(カブトvs綱手編)
  4. わざと斬らせてできた傷口を利用した(カカシvs再不斬編)
  5. 事前に小瓶に入れておいたもの(水月が大蛇のマンダを口寄せするとき使用)

 

 一般的によく見るのは1.と2.のパターンです。

この中で一番賢いというか、むしろこれが普通では? と思うのが5.の事前に血液を小瓶などに用意しておく方法。

次に理解できるのが2.の戦闘で負傷して流れた血を利用するです。血を流すような事態なので強力な助っ人を呼ぶために口寄せするという戦いの流れが自然です。ただ、汚れた手で口や傷口を触るのはどうかと思いますが、、、ここからは1.の指をかみ切って血を流して戦う場合の話へと進みます。

実際に指を噛んでみると痛くて無理

あなたの手が今汚れていなくて指もケガをしていないのであれば、軽くでいいから指を噛んでみてください。そこから更に噛む力を強めて血が出るまで続ける、、、できますか? 僕には無理です。絶対、痛いじゃないですか? それをなんか茹でたソーゼージでも食べているかの如く、カリッという効果音と主に作中ではかみ切っています。

指のケガは術者の集中力を削がないのか?

指を紙や刃物など鋭いものでスッと切ってしまうとかなり痛いです。

線のような傷跡から薄っすら血が滲みドクドクとした痛みが続きます。

また指先はケガをしたとき治りにくい場所です。そこをあえて刃物よりも鈍い歯で噛んで指から血を流す。しかも忍者は術を使用するために手で印の形を何度も作らなければいけません。手はよく使うのに、そこをあえてケガを自らするなんて不利になるだけではないでしょうか?

ケガした指で地面を触れる

f:id:Hachan:20180905212806p:plain

口寄せをする時、術者は足元の地面に勢いよく手をつきます。

そして、手をついた場所から口寄せした生物が飛び出してくる、という所までが口寄せの術です。

 

指を噛んでズタズタになった傷口を包帯などで応急処置もしないまま地面に触れています。戦闘は野外であることが多く、キレイな場所とは言えません。けど、そんなのお構いなくバンバン触っていきます。医療忍者はこのことについて誰も注意喚起していないのが不思議なくらい。

 

僕なら嫌です。

だって地面ですよ? みなさん、傷口が手にあるとわかっていて地面を触りますか?

何か変なばい菌とかが傷から侵入しないか不安になると思います。土には破傷風菌が潜んでいるので傷口からの侵入が警戒されます。

なぜ噛むのか?

では、なぜNARUTOの世界では指を噛むのか? について考えます。

もしかするとキチンとした理由があるのかもしれないので思いついた理由を書き出してみます。

  1. 刃物(主にクナイ)に毒を塗っているため自傷行為ができない
  2. 刃物などがなくて噛むしかない
  3. カッコいいから
  4. 刹那的な戦いでは噛んで血を流すのが手っ取り早い
  5. 血をストックする容器がない

5つの可能性を思いつきました。

自傷行為に使える刃物がない

彼らは忍です。戦闘を有利に働かせるために事前に忍具(クナイや手裏剣)に毒を塗っている可能性があります。確かに、これなら刃物は使えません。消去法的に残ったのが歯で噛むことなのです。

そもそも刃物がないという可能性

クナイは敵に投げて使うこともあるため、消耗して手元に1本もない場合があります。そうなると自分がケガをしていないときは自傷行為をするしかないです。もちろん、前もって血液を容器に入れていなかった場合においては、ですけど。

カッコいいから

一番ありがちな理由かなと思っています。

マンガ的な見せ場ですね。

これを言ってしまうと、この記事は終わってしまう気がします。

しかし、ちょっと指を噛んで血を流す仕草はちょっと少年心的にはカッコよく映りませんか?もし本当の理由がこれだとしても仕方ないのかなと思います。もちろん、戦いで汚れているであろう手の指を口に入れるのはやはり衛生上よくないとは思います。汚れた手を口に入れる人は普通いませんよね?

刹那的な戦いでは噛んで血を流すのが手っ取り早い

f:id:Hachan:20180905212945p:plain

忍者の戦いは超短時間で終わらせるもの。

ゆえに術の発動をより相手より早く終わらせる必要があります。

しかし、口寄せの術は印を結ぶだけでなく、血が必要です。血を流す過程と印を結ぶ速さを同時を求めるとき、彼らの手の位置はどこにあるのか?

 

これを考えたとき、なるほど! って思いました。

印を結ぶとき、彼らの手は合掌をするように顔の近くにあります。

一番手の近くにあるのは口です。だから手っ取り早く噛み切って血を流しつつ印を結ぶという流れになるわけです。これは割といい線行ってる気がします。

血をストックする容器がない

f:id:Hachan:20180905213005p:plain

あまり血を採取して容器に保存して持ち歩くことが少ないのかもしれません。

ひとつ前で書いた手っ取り早く血を流すために噛み切っている説で考えるのであれば、事前に用意した血を取り出して使用するのは時間的な問題で難しい場合があります。

 

ただ、口寄せの術は戦闘だけでなく追跡用(忍犬)や敵から身を隠す(ペインが仙人モードの自来也と戦う時に呼んだカメレオン)、移動用(サスケが呼んだ大きな鳥)、または、連絡用(雷影の部下が使ったトカゲ)など多様な使用シーンがあります。

これらの時は時間に余裕があるので前もって血を容器に入れておくと便利だと思います。また、契約者のかわりに術を発動する場合(鬼灯水月や薬師カブトがしたように)は血を容器に入れておくの有効と考えられます。要は使いどころです。

結論

結論と致しましては、作中で一番登場する「指先を噛み切って血を流すのは刹那的な戦闘ではしかたのないこと」という考えに落ち着きました。

 

自分としては小学生の時からの疑問が解決できて気分はスッキリしています。

彼らの自傷行為はカッコつけではなく、命のやり取りのなかで生まれた生き抜くための知恵なのです。決してカッコつけではありません。

 

いかがでした?

感想や自分はこう考えている! みたいなコメントお待ちしています。

ではっ!

初心者は全身の筋肉が粉々になると噂のボルダリングに挑戦してみた

f:id:Hachan:20180903225834p:plain

どうも、須田ジーノです。

ボルダリングに挑戦してきました。

今回はボルダリングについての感想文的な話。

 

ボルダリングに挑戦したきっかけ

実は僕、ボルダリング自体は何年か前から気になっていて、高校時代の同級生からも誘われたことがありました。ただその時は、壁を登る競技って程度の認識で楽しさとか面白さがよく分かっていなかった。

 

で、試しにボルダリングの魅力を誰か教えてほしい!っていうツイートをしてみた

このツイートに対して2人の経験者から教えてもらったのがこんな感じ。

*()内は教えてもらったツイートに対する僕の感想。

  1. 全身の筋肉が粉々に破壊されて動けなくなる(え? 怖いんですが……)
  2. 詰将棋のように頭を使う競技(チェス好きだから面白そう!)
  3. 非力な人でも体の特性を理解して壁面を登れるようになる(こういうのいいですね)
  4. チンパンジーみたいに移動するといいらしい(どういうことなんだろう? 実際、みんながどうやって登るのか気になる)

ちなみに教えてくれたのは、この2人。

ホルスタインおじさん(@Holstein_ojisan)とオシロ(@oshiro_046)さんです。ありがとうございました。

近所にボルダリングジムがあった

ネットでググってみると、車で15分ちょっとで行けるボルダリングジムがあった。

初回者はレンタルシューズとチョーク(手に付ける滑り止め)込みの2時間で2000円。

相場とかよく分からないけど、家族にボルダリングについて話したら、下の兄弟がすでに行ったことがあったらしいので場所はここに決定。

ボルダリングに行くための格好と準備したもの

  • 上の服、ユニクロのトレーニングシャツ(半袖)
  • 下、ユニクロのハーフパンツ
  • 靴下、くるぶしが隠れるやつ
  • タオル(汗拭く用)
  • 飲み物

実際やってみて、特に不便さは感じられなかった。

ボルダリングやってる人も似たり寄ったりな感じで別に浮くこともなく無難(?)でした。改めてボルダリング用の服とか買わなくていいっぽい。

ボルダリング用の靴って足先が窮屈

足先が少し丸まった状態になるくらいのサイズ感がボルダリングでは正しいそうです。

常に靴の中で足の指が曲がっているって痛い。

靴について教えてくれた方は、登るとき以外は靴を脱ぐか緩めておくように言われました。登る時だけしっかり靴を履く。じゃないと2時間は耐えられない。

僕は足が小さくて海外のサイズ表記で39.5だったので24.5cm?を借りた。

軽くボルダリングのルール・マナーなどの講習を受ける

完全な初心者であるので、講習を希望しました。

そこで、ボルダリングのルールや施設のマナーなどを習った。

時間にして5分程度の簡単なもので、これが終わると最後に一番簡単なルートを使って横で指示されながら登って終了。あとは時間になるまで自由行動。

実際にボルダリングの壁面を見た感想

公園の遊具にありそうなカラフルな人工の石?みたいなものがコの字状に3面ついていた。形状は様々で、握りこぶしより小さいものから人の頭くらいのサイズまで不規則に並んでいます。

 

ざっと見た感じ、初心者向けは床に対してほぼ垂直な普通の壁を登る。

中級者ゾーンあたりから傾斜のついた壁で、上級者ゾーンは傾斜というより床と並行になった壁を登って再び床と垂直になった壁まで登るようでした。

言葉にすると難しいですが、上級者向けは一度、低い天井を逆さまの状態で移動してから初心者向けのような普通の壁を登るというイメージです。伝わりました?

(多分、あとで図解のようなものを追加します)

 

次に、石の付近には様々なマークが貼られていた。

〇とか卍とか。このマークが同じとこだけを掴んで移動すればいいらしい。

けど、それが飛び飛びになっていて、どうやって両手を広げても届きそうにもなさそうな石を掴むのだろう?とあれこれ考えてみた。

実際に登ってみた感想

初心者向けでもゴールの高さがヤバい

最初、スタートのSがついた石を両手で掴んだ状態で始まって、必死になってゴールのGが書かれた石を目指して移動します。

 

今回、僕は4コースを成功させたわけですが、一番高いゴールで4~5mくらいの高さでした。講習では半分以上ゆっくり降りてから飛び降りましょう。と習いましたが、自分がある程度は降りたと勘違いして4m前後から一度飛び降りてしまった。

ちょっと高すぎる位置から飛んで着地したとき、僕が登っていた壁の前に座っていた人が「マジ?」って感じの反応をされてしまった。一緒に来た弟に聞いたら、自分が思ったよりも全然降りてなかったらしく、ほぼゴールの位置から飛んでたらしい。幸い、僕はケガをしませんでした。

何より、ほかの人を踏むような事故にならなくて本当に良かった。それ以降は慎重に自力で降りてから飛びました。

小学生の動きがすごい参考になった

小学生が僕らの後から父親に連れられて来た。

その子たちは2年生くらいと4,5年生くらいの少年で、どちらも上手かった。

足取りは軽やかで、大人みたいに腕力にものを言わせたスタイルではなく、全身の筋肉を上手く利用した移動でした。それに体も柔らかかった。

 

自分よりも1つ難易度の高いコースをあっさりと成功させていて、僕は彼らの動きを見学させてもらった。しばらく見させてもらってから、僕は何度か失敗したコースを再び挑戦してみましたが、彼らのように動けずに終わってしまった。まだ僕は体が重いのだと思う。ダイエットを続けようと思う。

帰宅後、体が痛くなってきた

2時間やってみて、割と座って他の客を眺める時間が後半から増えていて実際には1時間もしたのだろうか?という活動でした。

 

しかし、2時間が経つ頃には肩まわりの筋肉が痛みました。

腕の付け根という表現のほうが正しいかもしれない。主に右腕の付け根です。

僕は右腕に頼る癖があるので登りきって降りるとき、左手を話してから右腕で一度ぶら下がって下を確認してから落ちていました。多分がそれが原因でしょう。

 

これは帰宅後になってからで、肘から手首の間の筋肉が少し怠いです。

これを書いている今も腕が怠い。ただ、他は特に筋肉が痛いってことはありません。

懸垂を半年以上続けた成果かもしれない。

ボルダリングに挑戦した感想

全身の筋肉が粉々になるってマジ?って恐る恐る挑戦したボルダリングでしたが、ゆるく続けた筋トレのおかげで粉々にならずに済みました。

 

ボルダリングって思った以上に難しい競技で、大人ができなくて子どもがそこをスイスイ登っちゃうこともありえるらしく、奥が深いと感じた。

僕としてはホルスタインおじさんが言う通り、詰将棋のように考えて登るという面白さがわかって面白かった。

この詰将棋のような考えなんですが、同じコースを挑戦しても弟と僕では石の使い方が全く違った。弟は自分より背が高く腕力も上なので少ない手数で登っていた。

それに対して僕は、背が低く弟が届く石が触れられなかったりすると足の置き場を弟よりも上にしてから掴んだりしていた。結果的に僕は手の力よりも足場を高くしてから掴む動きが増え、終わった後にお互いの手のひらを見比べると、弟は手の皮が所々めくれてしまって痛そうだった。僕はそういうケガが1コもないという結果に。

 

体格や考え方が変わると移動する方法も変わってくるという点もまたボルダリングの魅力なのかもしれない。自分の知らないことに身をもって体験するというのが面白かった。次は友だちを誘ってみるのも楽しそう。

 

ではっ!

僕が「ゆるい筋トレ」にこだわるのは「またやろう」と思えるから

どうも、須田ジーノです。

何事もゆるくやれればいいと思っています。ちょっとだけ頑張るくらいがちょうどいい。

 

今回、僕が言いたいのは、筋トレはちょっとずつ頑張れば最終的には結果がついてくるという話。もし、筋トレを始めたばかり&始めたいけど続くか不安って人は読んでみてください。

*あくまでも、須田ジーノ個人の持論です。

*体調に不安のある方・持病などがある方は一度、医師に相談してから筋トレを始めるか決めましょう。そしてトレーニング内容も相談しましょう。

 

 僕がいう「ゆるい筋トレ」の条件

  • ちょっと筋肉痛になるか、ならないか程度の筋トレ
  • ちょっと頑張れば達成できる回数を週に1から3回する
  • 一日にトレーニング内容を詰め込まないで数日に分けて行う
  • 嫌になったら、日付を変えてしてもいいし、休みにしていい
  • 慣れてきたら、トレーニングの回数(セット数)を増やす
  • 普通にこなせるようになったら、少し負荷の強い同系統の種目へ変更

明文化して今まで筋トレをしてきませんでしたが、あえて文章にするならこんな感じ。

わりと自分に甘めにして、「ちょっと頑張ればできる」が「普通にできる」へ変わったら、再び「ちょっと頑張ればできる」へとハードルを少し上げる。これを小さく繰り返します。

僕の経験上、筋トレを始めて続かない人ってこうじゃないですか?

  • 毎日トレーニング
  • 一日に1時間以上かかるメニューを計画している
  • ヘトヘトになるまで毎回している
  • トレーニングのフォームが崩れてしまうような回数、または自分に合わない高負荷なトレーニング種目を選んでいる
  • 計画通りに実行できていないと自己嫌悪に陥る
  • 筋トレが原因で体を痛めて休む期間が長い

大体、どれか1つは当てはまっているのではないでしょうか?

自分かな?って心当たりのある人がいるはずです。

”筋トレ=つらい”は当たり前って思ってない?

確かに、この感覚は合っているかもしれない。けど、それは自分のレベルにあっていればの話です。

自分の現状の筋力やコンディションでは難しいような計画を立てて行っている筋トレはあまり結果がでません。それどころかケガをする可能性だって高いです。

 

人間だれしも、つらいことからは逃げ出したくなります。

別に僕は軍隊仕込みの筋トレなんて興味がないです。

安全に健康的な肉体作りがしたいだけ。

それなら、ゆるく筋トレをして継続して何年も続けて結果がでるように始めればいいと思います。

短期間で目標の体型になるために極端な食事制限や過剰な運動をしなくてもいいと思う。短期間(例えば1、2か月)で5キロ、10キロ痩せるメニューは僕は興味ない。

1年で3kgでも5kgの減量でもいいと僕は思います。

ド短期に結果を出すことにこだわると相当意志が強くて体も丈夫でないと脱落者のほうが多くなる。

ちょっと頑張って続けたら結果はついてくると知っていれば、またやれる

例えば、筋トレを始める前にネットでやり方を調べて、自分のような人の体験談があるとします。もし、その人がちょっと頑張って筋トレを続けていたら痩せた&マッチョになれた! とか書いてあれば、その話に飛びつきませんか?

 

なるべく楽をして結果を出したいと願うはずです。

実際、数年がかりで5kgや10kgの減量なら、正しくゆるく続けていれば結果が出るはずです。痩せるのに高額な教室や商品だって不要です。

 

欠点としては目に見えて実感できるまでには時間がかかることです。

それでも体の負担を減らしつつ結果を出せるというメリットがあるので僕はゆるく筋トレを続けていけばいいと今は思っています。

厳しい筋トレは誘惑が多い

僕が言いたいこと。

あまりにも過酷なトレーニングを始めると、僕のような心の弱い人の脳はネガティブなささやきが聞こえる。

 

「これを続けて本当に効果があるのか?無駄なのでは?」

「自分には合っていない。別の方法を考えよう」

「筋トレなんて楽しくない。ちょっと体型がだらしなくてもいいや」

「こんなにハードな運動をしているから、ご褒美に食事はお腹いっぱい食べよう」

 

こんな感じで辞める理由やきっかけを考えるようになりませんか?

僕はこういう経験があります。

つらい割に、嫌な思い出にしかならないなら最初からしない方がいいです。

現在の僕がしている筋トレに、嫌な思い出になんてありません。時間はかかっても体の変化は数値的にも見た目にも徐々に変化がありますから。

まとめ

どうでしたか?

僕の筋トレが続けられる理由をまとめたつもりです。

この「ゆるい筋トレ」はダイエットを成功させるために始めたものです。

僕はたまにリバウンドしますが、最終的には減量しています。

自分みたいな、あまりストイックにできない人はこっちのほうがいい。

別にストイックにできる人も、僕のやり方のほうが無理なく続けられます。

目的が結果を出すことなら、焦らないでのんびり筋トレをしてみてはどうですか?

 

僕からは以上です。

ではっ!