暁の水平線-あか空

暁の水平線に-あか空

アニメ、マンガ、小説、ゲームを中心に書く雑記ブログです。

【2019年2月受験】日商簿記検定3級の試験に合格しました

どうも、須田ジーノです。

 

久しぶりにブログを書いてみようという気になってしまったので少し近況報告的なことを書いてみます。

というのも簿記3級の試験を受けてみたら合格したからです。

 

約45時間の独学で簿記3級に合格する方法について書いてみようかなって思います。これについては後日詳しく書いてみたい。

今回は資格勉強を久しぶりにやってみた感想とか簿記3級を取得してなにか良いことがあったのかみたいな後日談をゆるく紹介。

 

完全初心者の学習時間は50~100時間

グーグルで「簿記3級 勉強時間」みたいな検索ワードで調べてみると50~100時間で見積もっている。確かに、50時間前後あればいけるというのは個人的には賛成。

 

中には、もっと少ない勉強時間でも合格できた! みたいな記事タイトルも多いです。この手の記事タイトルは数字が少なければ少ないほどに魅力を感じられるのでついついそういう合格体験記のリンクを開いてしまう。

中には1週間とか15時間で合格みたいな記事タイトルをいくつか見ましたが僕には無理だし、それを鵜呑みにして受験日ぎりぎりまで何も勉強しないのは正直バカだと思う。

計画的に学ぶなら40時間は勉強時間に当てたいところです。

簿記3級は就職・転職に有利に働くか?

個人的な感想を申し上げるなら転職でも年齢によってはほんのすこーしだけ変わるか、な? レベルです。簿記3級程度は高校生でも普通に取ります。商業高校の生徒は簿記2級までなら学校で学ぶのでレベルが高いものではありません。合格率も40%前後と高いです。

2級の取得目指して学びたい。僕もとりあえずそんな感じで2級に向けて勉強しようと教材選びをしています。

* 最近、転職サイトに登録している履歴書の資格欄とサイトのスキル欄に簿記3級を付け加えておきました。

結果、未経験でも可な経理などの求人の一部が応募可能になった。

経理の求人について話すとやはり簿記2級、または2級程度の知識が必須になる求人が多いですね。当然のことながら実務経験を求める求人は圧倒的に多い。3級で喜ばれる会社は少数派。

簿記試験の感想

2019年2月に受験をしたのですが、僕が行った試験会場は学生風な人は少数派で社会人が多かったです。30代40代もいて20代が一番多そうな印象。

僕のいた会場は40人くらいいました。

 

試験そのものはやさしかった。模試であれだけ低い点だったのにスラスラ解けた。模試が本番よりも難しく設定されていたパターンでした。

予想模試でやった設問に当たることもあって、この出題パターンは初めてで頭が真っ白になることありませんでした。ありがとうTAC。

簿記の勉強についての感想

僕は簿記3級のテキストと予想模試が4回分入っている本を1冊ずつ購入して学びました。過去問は買わなくても受かるのでTACが出している予想模試はやっておきましょう。これ4回全部やってなかったら僕は余裕で落ちてた。

 

僕の場合、4回とも合格点である70点に届かず4回目ですら50点台でした。この50点台を取ったのが試験の2日前。乾いた笑いがこぼれました。「あ、やばいわコレ。落ちるやつだ」って。

 

その後は、出来の悪いところだけを勉強というか、基本問題を解いて解きまくってという感じで問題を解いて本当に理解するまで解きました。これのおかげで試験になんとか合格できるまでの帳尻合わせをして本番では84点で合格です。

 

試験問題にも恵まれた。試験中に受かる確信を持って解いてた。

この2ヶ月という期間がありながら1日あたり1時間とか30分みたいな日も含めて約45時間で合格できたのも予想模試で試験の流れや出題されそうな形式の問題を解いていたことが大きいように感じた。独学なら2冊用意して学習すればいけます。

次は2級

次は2級でも取ってみたいと考えています。

もともと2級まで取得を前提に受けた3級です。ただ、3級と比べて学習範囲は一気に増える。合格率も低くなる。言い換えればそれだけ価値が高まる資格なのでしょう。それでも難関資格(税理士や公認会計士など)に比べればまだまだ簡単な試験。8割が不合格になる2級に僕は挑戦してみようと思う。

さいごに

こんな感じで次は2級です。

一発合格するといいな。

6月を目標にしたいのですが、時間もかなり少ないです。悩むところなんですよね。安全にいくなら6月は見送ってその次に受ければいい。でも、僕はそんなに長い間モチベーション高めで勉強を続けられないので結局ぎりぎりまで勉強しないような気もする。

 

これ以上は読んでくれた人にとっても役に立たないことを書きそうなので締めます。

試験を6月に受けるなら多分、僕が簿記3級試験の学習方法についての記事は先になるのではと思います。それよりも早く書いてたら察してください。つまり、そういうことです。

 

ではっ!

【総合評価★★★★★】たまこラブストーリーのレビュー

どうも、須田ジーノです。

 

今回は「たまこラブストーリー」についてのレビューです。

これはアニメ「たまこまーけっと」の続きを映画化したものでアニメのストーリーや人間関係が分かる前提で見ると面白い作品です。

 

総合評価&あらすじ

総合評価★★★★★

  • 何回でも見たくなる
  • アニメの続きを描いた作品としてはキレイにまとまっていてファンの期待を裏切らない良作

この映画はこの記事を書くために2周見ました。この記事を書くと決める前から好きな作品なだけに、かなりべた褒めな感想になるのは確定です。

まだ見てない人はもネタバレしてしまう恐れがあります。注意!

 あらすじ

デラたちが南の国へ帰り、たまこたちは進級して高3へ。学校帰りの何気ない会話から、みんな不安ながらもしっかりと将来について考えている事を知るたまこ。日常が終わりの兆しが見え始め、徐々に現実味を帯びてきた春の暮れ。その一方、もち蔵は密かにたまこへの告白を決意して……

この映画の、ここが良かった

たまこの心の変化を描いた作品

アニメでは優柔不断で頼りない印象が強かったもち蔵。

あらすじを読んだだけの時の予想では、終始もじもじしてなかなか告白できずにエンディングまで言えずに最後になんとか言える。みたいな予想をしていました。もち蔵ならこんな感じかなと。

ただ予想は良い意味で裏切られてしまった。

映画が始まって早い段階でたまこへ告白したのに僕は驚いた。

 

 

作品タイトル通り、たまこ視点で告白を受けた後の心の変化や周りの見え方の変化が描かれている。もち蔵に対する評価が頼もしくて好きな人に変わっていくのは最たるものです。

印象に残ったセリフ・シーン

要所で流れる「KOI NO UTA」

たまこの父・北白川豆大が学生時代にたまこの母へ送ったラブソング「KOI NO UTA」が何度も流れます。たまこのお気に入りの歌で何度も流れる曲で、たまこの背中をそっと押してくれた曲でもある重要な曲。

何回聴いても「たまこまーけっと」にピッタリな歌で映画を見た後は僕も歌ってた。

こんな人におすすめ

  • たまこまーけっとのファン

「たまこまーけっと」を見てないと人間関係の変化とか楽しめないと思う。たまこまーけっとを見てから楽しみたい作品。

こんな作品についても感想書いてます

以上で、映画「たまこラブストーリー」をみた感想は終わります。

ここからは僕がこれまでに書いた映画レビュー記事の紹介。

 

www.sudageno.net

 実写版・東京喰種トーキョーグールについて。

CGを駆使して表現された喰種は迫力があり見応えたっぷりでした。原作厨でもガッカリしないはず。

 

www.sudageno.net

 週刊少年ジャンプ作品。

連載中、ジャンプで読んでいて面白かったSF要素のある高校生活を描いたギャグ漫画。

燃堂の再現度の高さが良かった。あとはアレンジを加えた演出が多かったりして好き嫌いが分かれそう。時々、面白いシーンがあるので駄作とは言えなくて一回は見てほしい。

 

www.sudageno.net

自分の好みではなくて途中で見るのを辞めてしまった作品。

バカげたことを真剣に演じているのをバカにはしていなくて、ただ僕がこの手のノリが苦手だっただけなんだろうと思う。Amazonプライムビデオのレビューでは高評価が多いから全体評価としては満足できると思う人が多いのかもしれない。

ド下ネタが平気ならおすすめしますよ。

 

映画を見るたび映画レビューを増やしていこうと思っている。

ではっ!

【総合評価★☆☆☆☆】HK/変態仮面を見た感想

どうも、須田ジーノです。

 

Amazonプライム・ビデオの評価が高い作品だったので見ました。

作品ページのレビューとは違い低評価にしてしまったけど、こういう感想を持つ人間もいるという参考にしてみてください。

 

ちなみに、この作品はPG12対象です。

お子様は保護者と一緒に見ましょう。

 

総合評価&あらすじ

総合評価★☆☆☆☆

  • 最後まで見る気になれなかった(52分46秒まで見た)
  • 主人公が敵に倒すシーンを見るのがしんどい
  • 変態仮面 になった時の姿はインパクトが強くて印象的
  • 主人公の両親の出会いシーンはちょっとおもしろい

途中で見るのを辞めました。

個人的にはちょっと合わない作風だったからです。

最後まで見ていないのに知ったふうな口で感想を書きたくなかったので正直に書いておきます。当然、ここから先の感想も自分が見たとこまでで書くので作品全体の感想ではありません。

あらすじ

ドMの刑事とドSの女王様が出会いその間に生まれたのが主人公・色丞狂介(しきじょう きょうすけ)。父親譲りの正義感を持った彼は高校の拳法部員となるケンカは強くない。転校生の姫野愛子に一目惚れした狂介はある日銀行強盗の人質になった愛子を救うために銀行に潜入する。顔を隠すためにマスクを被ろうとして誤って女性用パンツを被ってしまう。彼はその行為にエクスタシーを感じて両親から受け継いた血が目覚めて覚醒する。超人的な身体能力をもって悪と戦う日々が始まる。

この映画の、ここが良かった

変態仮面役の役作りの真剣さ

変態仮面役を演じていた鈴木亮平さんはこの役のために本格的ま肉体改造をしていたらしい。1度15kg体重を増やして絞る。これによって劇中の彼はかなり筋肉質で超人的な身体能力を持っているという設定も納得できる姿をしています。プロだと思います。こういうストイックな裏話を視聴後に知り、別作品で彼が出るシーンを見てみたい。

印象に残ったセリフ・シーン

変態仮面が敵を倒すシーン

原作を知らない僕からすると、なぜ主人公は敵を倒す時に敵の顔を自分の局部に押し付けるのか分からなかった。相手も局部への攻撃をするわけでもなく、嫌がりながらもそのまま顔を押し付けられたままやられていく。このやりとりが時間の経過とともに回数も増えていき僕は見るのを辞めた。PG12対象になっていた理由はやはりここかという納得感がありました。

こんな人におすすめ

  • 原作ファン
  • 鈴木亮平(俳優)が演じる変態仮面が見たい人
  • 筋肉フェチな人

正直、原作を読んだことがないので、どの程度の再現度なのか、原作と実写との違いがあるか分かりません。しかし、変態仮面においてはかなり本気度の高い演出がされているのではないかと思われます。

 

筋肉質な変態仮面も衣装の布面積がかなり少なく、筋肉フェチな人には眼福なシーンも多いです。どの角度から見ても鍛え上げられていることが分かります。服がほぼないから、部分的に体を鍛えました~みたいなやっつけ仕事ではなく真剣に体作りをしてきたんだろうなということが容易に想像できます。

他に見た映画の感想

www.sudageno.net

www.sudageno.net